はじめまして、静岡県東部沼津市を拠点とする株式会社 大成工務店のスタッフブログです。

来週よりブートキャンプインしようと思います、管理人の矢部です。

いや~暑すぎる。この夏どうなってしまうのでしょうか?

話は全く変わりますが、雄大の幼稚園をどこにしようか迷っております。

沼津は公立幼稚園が少ないため、保育費も非常にかかってしまいます。

妻が非常に悩んでおります。どなたか情報をください。

たまに、幼稚園関係の話を聞いてるつもりで、管理人が頷いていると

 

きれられます。

管理人も真剣に考えているんですけどね、

いや~暑い

 

お腹が、お腹が、なんと

スリムになってきたではありませんか。

継続努力のかいあって結果が出はじめてきました。

季節はもう夏、

今年の夏はスリムなお腹で海に出かけられそうです。

なんか、ウキウキしてきました。

あまり頑張らないで、引き続き少しずつ努力を積み重ねていきます。

 

                      工事部   大滝 勝彦

全国ニュースではあまり取り上げられていませんが、本日6月20日から建築基準法が改正されます。。こんばんわ、設計部 梅原です。

何が改正されるのか?・・一番大きく改正されたのが、構造分野です。

世間を震撼させた『姉歯(あねは)元一級建築士』の構造計算書偽造問題を受けて、国土交通省は構造計算のチェックに力を入れました。

これまでの構造の分野は、基本となる法律はあったものの、構造計算の方法は何通りもあり、そのほとんどの計算はコンピューター化されていて、人間のチェックでは追いつかない部分があったのかも知れません。

そこで、国土交通省は、確認申請に構造計算書の添付が義務付けられている建築物で、構造計算をコンピューターで行ったものついては『指定構造計算適合性判定(ピアチェック)』を指定機関に行わせることにし、さらに、中間検査を実施することで、構造設計、施工の両面のチェックを強化させていくことにしました。

つまり、構造計算書のダブルチェック制度がスタートした訳です。しかし、その手数料が高い!!最低でも、15万円以上が、今までの確認申請手数料に上乗せされます。さらに、中間検査手数料もかかることになります・・・

鉄筋コンクリート造や、鉄骨造などの大型物件はもちろん、一般住宅でも、3階建ての建物になれば構造計算書の添付が必要になるので、一般の方たちにも影響は出てくると思われます。

構造計算書のダブルチェックは必要なことだとは思いますが、何もかもを国民負担にするのはいかがなものでしょうか・・・姉歯事件も、数多くの行政機関の見落としがあったにも関わらず、処分を受けたのは民間検査機関の方達のみでした。今回の基準法改正も、少なからず『見切り発車』の部分が見受けられます。強行採決、強行施行、・・・もう少し長期的な国づくりが出来ないのかと、タメイキが出てしまいます・・・

 

 

マンション建設・注文住宅